エコの実践はきちんとしたゴミの分別から

分別をしてものを大事にしてエコ活動

いらないものを捨てるときは、必ず分別をするようにして欲しいと思います。ゴミは出ないと分別をする必要もないので、本当はゴミのでない生活をするのが一番だと思います。しかし今は堆肥として地球に戻るゴミもありますし、また資源として使うことができるゴミもたくさんあります。しかしこのように有効にゴミを使うには、分別が重要になってきます。分別がされていないといくら資源になるものや、堆肥として使うことができるゴミでもただの有害なゴミになってしまう確率が高くなってしまいます。地球のことを考えて生活をする上では、一番身近な毎日のゴミ捨てを徹底して行うといいと思います。何も難しいことではないので、毎日のちょっとした意識改善でゴミをリサイクルすることができるようになります。

分別をするのはエコになりますが、まだ使えるものは大切に使うという行為も種類が違いますがしっかりとしたエコになると思います。ゴミの量を減らすことができます。今はものをバンバン生産して、いらないものもバンバン捨てるという風潮が流行っていますから、ものを大切にして欲しいと思います。ものを生産し続けると資源がなくなってしまいますから、地球の資源も底をついてしまいます。このようなことを避けるためにも、資源は大事に使う、ゴミとなった資源は分別をしてゴミに出すという最低限のルールは守って生活をして欲しいと思います。地球に住んでいる以上は当たり前のことだと思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2017エコの実践はきちんとしたゴミの分別から.All rights reserved.