エコの実践はきちんとしたゴミの分別から

粗大ゴミとエコと分別

ゴミを出すときは分別をしますが、粗大ゴミなどは指定の場所に持っていき捨てることになります。粗大ごみは普通のゴミよりもお金がかかるものもありますから、ゴミとして出さないでリサイクルをできるものは中古ショップに売るという方法もあります。また必要な人に譲るといいと思います。粗大ゴミ以外にも危険なゴミや燃えないゴミなどゴミは分別をする必要があります。きれいな紙ごみは資源に回すことができますし、プラスチックなども同様です。他にもビン缶ペットボトルなどもきれに洗うことで資源ごみとしてまた資源にすることができます。枯れ葉や木の枝なども無料でゴミに出すことができるので、持っている人は指定の日にゴミに出すといいと思います。

ティッシュや汚い紙ごみ、生ゴミなどは普通の燃えるゴミになります。この燃えるゴミの量を減らすことでエコになると思います、資源ごみは資源としてまた回収することができますが、燃えるゴミはただのゴミになってしまいます。燃えないゴミも普通のゴミになってしまいますから、有料のゴミはなるべくださないように意識するといいと思います。資源ゴミは無料なので、出してもまた資源になりますし、ゴミを出す側としても嬉しいゴミだと思います。その地域のよっても有料、無料、ゴミの種類など違うので、所定の地域の指示に従ってゴミを分別して欲しいと思います。生活をする上でゴミの分別は避けては通れない作業になってくると思います。
Copyright (C)2017エコの実践はきちんとしたゴミの分別から.All rights reserved.