エコの実践はきちんとしたゴミの分別から

エコに対する意識、分別収集について

一昔前の高度経済成長時代の日本は、まさに使い捨ての文化といえるでしょう。大量に生産して消費する、その繰り返しだったように思います。ところが、そのための弊害は自然破壊やごみ問題(捨てる場所がない)など多岐にわたっています。自然からのしっぺ返しを経験して初めて人間は「限りある資源を有効に使おう。物を大事にしよう」という意識が芽生えたといえるでしょう。いわゆるエコロジー意識です。「もったいない」という日本独特の言葉も世界中で注目を浴びました。まず、物を出来る限り繰り返し使用する。自分にとって不要なものでも、リサイクルショップ等に持っていき、極力ごみを増やさないなどの意識は年々人々のなかに浸透してきています。日本では、「リサイクル法」なる法律もできたくらいです。

ごみを捨てる時も、昔は黒いビニール袋に何でもかんでも詰め込んで捨てていましたが、自治体によって分別が細かく規定されており、守られていないゴミ袋は収集しない等の取り組みもされているようです。ごみ袋が半透明や透明に統一されてきているのも外から見て中にどんなごみが入っているかがわかるようにするためでしょう。分別も、可燃ごみ・不燃ごみ・プラスチックごみ・びん・かん・ペットボトル・古紙・古布等、細かくわかれています。このなかで、再生処理後、再び役目を与えられるごみもあるのです。ごみの分別収集は、エコの観点からみても非常に有効な手段ですが各自治体によって決まりがあるので、各人がそれらをきちんと守ることが大事です。
Copyright (C)2017エコの実践はきちんとしたゴミの分別から.All rights reserved.